カリフォルニアで子育て。そして、目指せナーシングプログラム!

Always remember that your present situation is not your final destination. The best is yet to come.

2017年05月

心理学のペーパーがあと一つ残っていたのをすっかり忘れてた。
相変わらず抜けてるよね!

朝ドラちゃんが元オットと出かけ、昼から取り掛かかり、
まぁ4時間もあれば終わるんじゃない?と高を括ってたら

まだ終わんない。現在夜の9時。

ドキュメンタリーを見てアナライズするペーパーなんだけど、
Autism in Love(2015)という映画を見て、ひとり日曜の昼間に号泣しました。

4人の自閉症の成人が、れぞれリレーションシップに苦悩する。
というドキュメンタリーなんだけど、よかったです。
そして、ペーパー今日中に終わらせないと!


ナーシングアップデートですが、
なにもなし・・。

もう一人の友人も同様。

私も、彼女も、

「あ~こりゃ、今回も無理じゃね?」

的な、あきらめモードにどっぷりなんだけど、
ドラちゃんに ママ、まさかあきらめたの? と追い打ちをかけられて、
もう一度ナーシングオフィスにしつこく連絡してみることにしました。

もちろん、怒られるの覚悟で。
半ば、今回はどんな対応されるのか楽しみだったりして。


むささび  ”Hi, I applied for next fall semester. I still haven't heard anything from you guys since...."

(私の話が終わらないうちに)
おばちゃん ”What's your name?

むささび  "My name is musasabi."

おばちゃん " You still have to wait. "

むささび " ......Okay, I am just wondering that...." (まだ話してる途中)

(私がまだ話してるのに)
おばちゃん "  Thank you~ !  "


.........She hang up on me!!!!! B***H!!!  


なんなの、このカレッジのナーシングオフィス・・・。
ちゃんと仕事しろーーーっ。





私、人見知りです。
もういい歳なのに恥ずかしい。

長年、面識のある人で話しやすいと感じる人とは会話も弾むのだけど、
逆に、あいさつ程度しか交わさない人もいる。

初対面の人の場合は、何を話していいのか分からず
ドキドキしたり、ぼーっとしちゃう。

初対面の人にぼーっとされても困りますね!

初対面の人が苦手って、
そんな事でナースを目指すのか!
って自分でも思っちゃうけど。
患者さんはみんな初対面ですよね。はは。


でも、ドラちゃんが生まれて、
特にドラちゃんが学校に行くようになってからは
子供のママさん達とのお付き会いも出てくるじゃないですか・・。


ドラちゃんのお友達の全てのお母さん達と交流があるわけではないのだけど、
子供同士が仲良かったり、送り迎えで顔を合わせて行くうちに、
こんな人見知りな私でも、少しずつ会話を交わすようになったママさん達がいます。

そんな数少ないうちの私の知り合いのママさん。
以前、お誕生日にもお呼ばれしたEのお母さん、

元医者のロシア人ママ。

おしゃべりが好きなようで、
私が話さなくても、彼女のトークで満載なため、
私はフンフン聞いて、時々自分も話すだけでよいので、楽です。

私は、自分がたくさん話さなければいけない状況が苦手で
自分のしゃべりで疲れてるのかも。

子供同士も仲が良いので、公園でよく落ち合うのですが、
その日は、元医者ママの長女、12歳の娘も一緒に来ました。

ドラちゃんと、Eは一緒に遊んで、
それをピクニックブランケットの上にすわり眺めている私、元医者ママ、その長女。

元医者ママが色々と話していて、私と元医者ママ長女はフンフン聞いてました。
元医者ママは私がシングルペアレントだと知っているのですが、

「ムササビはどうして離婚したの?それでナースを目指すの?」

と聞いてくるので、いや~離婚は色々複雑でね・・・と言うも、

「私も離婚してるのよ、この結婚は2回目なのよ。」

と言いだして、自分の離婚話について語りだしました。

自分の娘、しかも12歳の多感な思春期を迎えている少女の前で!!

ロシアで23の時に結婚して、3年ほどで別れたり、くっついたりを繰り返し、
結局分かれて、今の結婚は18年つづいているそうな。

長女はだまーって聞いていた。

私はフンフン聞くのみで、心の中は

「こんな赤裸々に娘の父親以外との婚姻生活を娘の前で話してもいいのかっ??」
っとアワアワした。

そして、時々ドラちゃんとEが遊びながら私たちの所に戻ってくるんだけど、
元医者ママ、

「なんで戻ってくるの。こっちに戻ってこないで遊んできなさい。」
と厳しい顔をして、Eを押しのけてました。(笑)

思わず、その光景を見ながら私が笑ってしまったら、

「本当にEは長女と違って手がかかるのよ~。長女はおとなしくって
 私の言うことをなんでも聞いていい子なのにねぇ~。」
と、長女をナデナデしながらぼやいてました。

元医者ママ、ぶっ飛んでるな~。

と思いつつ、色々な移民がいるアメリカ、
色々な国の子育てが見られて面白いなと思いました。



昨日は心理学と政治学のテストでした。

心理学のテスト中、後ろの席の女子がずぅ~っと鼻を
ズゥーッ! ズゥーッ!
とすすっていて、すんごく気になって集中力低下。


セメスタの初め、本気でやばいと心配していたポリサイ。
興味もないし、Citizenでもないのになんでアメリカの政治学。
と、やけっぱちな気分だったんだけど、
なんとかなるもんですね。

でも、ただ頭に詰め込んでるだけだから、
テストが終わった時点で、もうなにもかも忘れてる!?
(それとも、ただ単に歳なの?)


あとは来月にファイナル。


その後テストを終えて、木曜日はいつもドラちゃんと公園に行く日なので、
ドラちゃんをピックして公園に行きました。

ドラちゃんのクラスメートCのママが、
3時から6時まで、shakey'sがハッピーアワーだから行こう!
というので皆で行ってきました。

B8i8WVKCcAEDthN

(画像はお借りしました。)
Shakey'sって日本にもあるんですね!知らなかった。


子供たちは大喜びで、
ピザよりもそこにあったアーケードのゲームに夢中。

お金もいれずに、ただゲームの機械をめちゃくちゃバンバン叩いて、
大盛り上がりできる子供はすごいな、と思いました。

もう夕方6時には大人たちはつかれてるので、
子供たちを眺めつつ、しゃべって食べるのみ!

ピザと、チキンウィングを食べて10ドル。
安いよね?

ドラちゃんもお友達といっぱい遊べて楽しそうだった。
それを見てママも楽しかった!


昨日は母の日でしたね。
(日本は2日前かな?)

アメリカの土曜日が日本の日曜日、母の日であったため、
土曜日に日本の母に電話してみました。

そしたらこれから出かける所だったようで、
「ほら!またすぐ会えるから、じゃね!」
と早々に電話を切られてしまいました。

母と父が来月遊びに来るそうなので、
その時には色々一緒に出掛けられたらと思ってます。
ドラちゃんもじじばばが来るのが楽しみな様子。


私も、母の日は久しぶりに日曜日ドラちゃんと一緒に過ごしました。

元オットは、週末どこかに遠出する予定だったらしく
ドラちゃんを連れて行く!と言ってたんだけど、
母の日は子供はおかあさんと過ごすって離婚合意書に書いてありま~す。

出不精なドラちゃんに、念のためどこか行きたいところはあるか。と聞くと

「たまの日曜日で、パパの所にも行かなくていい日なんだから
 今日はどこにも出かけないで家にいる。」

と、中年のおっさんみたいな返事が返ってきました。

ご飯を作るのも、今日はいいや!ピザを取ろう!
ネットでオーダーすれば、ラージのピザが、なんと7ドル99セント!

いつもは家から近いしピックアップするんだけど、
今日は家で徹底的にゴロゴロするから、デリバリーにしようと思ってびっくり。

デリバリーチャージで3ドル99も取られるのか!!!
しかもチップは別。

安いピザを買う意味があるのか・・。
デリバリー代にチップつけたら、ふつーに15ドルとかするじゃない。


ケチな私はドラちゃんにピックしに行くように勧めた。
でも、すでにゴロゴロしはじめて、
ソファーでゲームしながらテレビを見ているドラちゃんは

「さっき、ピザ届けてもらうって言ったじゃない!」

とご立腹。
しまいには、ドラちゃんの貯金箱からチップとデリバリーチャージを払っても良い、
と言いだすほどの出不精っぷりなので、結局デリバリーしてもらいました・・。

納得いかぬ・・。
(でも、さすがにデリバリー、チップ代金はドラちゃんの使ってません)

結局、7ドル99のピザを買うのに15ドル。


でも、ドラちゃんも喜んでたからいいかぁ。

母の日は、ドラちゃんと二人でゲームして、おもちゃで遊んで、
ピザをたらふく食べて、家から一歩も出ない一日となりました。



夜、ベッドの中に入ると今後の先々の事を考えます。

相変わらず、ナーシングの結果は来ないし。
I am wondering if they lost my application.
と友人にぼやいたら大笑いされた。

他の人からは不合格の通知が来たという話をきいたけれど、
私とその友人は何の音さたもないので、
本当に申し込み書を無くしたのか、忘れ去られているのかと思っちゃう。 
落ちたなら、それはそれで、連絡してほしい。

必修科目を終わらせるのに長い日々を費やして、
やっと申し込みの段階にきたものの、すぐにナーシングプログラムに入れるとは限らない。
Now the waiting game begins!
という、まさに友人の言葉その通りなんだけど、
私にはあまり長々と待つ時間は残されてない。

予定では、元オットからのspousal supportを受けれる期間内に
ナーシングに入って、卒業して、
サポートが切れるまでにギリギリ働ければと考えてたんだけどなぁ。

予定通りにはいかないようです。

Spring 2018の申し込みには4校申し込みを目指して、
他の学校の申し込みに間に合うように、そのためのサマークラスのレジストもした。
(カレッジによって必修が少しちがうようです)

LVNの申し込みも考えたのだけど、
そこのカレッジでLVNを申し込むにはCNAの資格を持っていることが条件なので、
これからサマーでCNAを取っても、申し込みには間に合わない。

やれることは全部やろう。
でも、力を出し切って、全てやって、
それでも道が開かれないという時は、
やっぱり私はその道にすすむべきじゃないということだよね。


神様、おねがい!!!!!

このページのトップヘ