カリフォルニアで子育て。そして、目指せナーシングプログラム!

Always remember that your present situation is not your final destination. The best is yet to come.

2015年05月

だらけてます・・。

クラスがあるときは、毎日の課題に追われ、日常に追われ・・・。
忙しいので一日もあっという間。

でもーっ。今はサマーまでの間が1っか月ほどあるので・・・だらけてるぅ。
はぁ。せっぱ詰らないと動かないタイプです。

ま、お金がないので家に籠ってるんですけど・・。


春の学期が終わって1週間もしないうちに、ドラちゃんが風邪からcroup coughという
気管の炎症から、オットセイのようなひどい咳になってしまいました。

しかも、また日曜日の夜・・・。

決まって、体調が悪化するのって病院の閉まっている週末の夜です。

ドラちゃんの場合、喘息があるので、
「息ができない。」
と言われると、焦ります。

見た感じだと、喘息にはなっていないように見えるけど、
苦しい。
泣きながら言われると、どうしようどうしよう。と考えて、
結局近所のERに向かいました。

普段はERに行っても2,3時間待たされるのは当たり前。
でも、その日はドラちゃんの咳のため、さっさと待たずに入れてもらえました。

治療室に入ると、看護婦さんたちが口々に

「oh, croup boy.」

と言っていました。
咳の仕方だけですぐにわかるという特徴のある咳です。

結局、喘息にはなっておらず、
吸入をしてステロイドの飲み薬を処方され、2時間ほどで家に帰れました。


家に帰って一安心。
ドラちゃんも眠りにつけました。

タイミングを計ったかのように、私のクラスが終了と共に体調を崩したドラちゃん。
もう少し前だったら、ドラちゃんも学校に行けない=私も自分のクラスを休まなくてはいけない。

クラスを休んだら、あの化学のクラスについていくのは大変だったろうなぁ。

ドラちゃん、ママのクラスが終るまで元気に頑張ってくれてありがとー!ってな気分でした。

その後ドラちゃんはすっかり元気になって、今は私がゲホゲホ咳が止まりませーん。









ファイナルが終わったー!!!

結果もすぐにオンラインで確認でき、無事Aを貰えました!!!

10数年昔、日本でのほほんと親のお金で学生をしていたころ、
化学なんてとったことありませんでした。

きっと昔の私が化学を取っていたとしても、
今のような必死感はなく、適当~に学生をしていたから、
今と同じ成績を取ることはないであろう。


今回とった化学は、前半はGeneral chemistry,そして後半がOrganic chemistry。

先生はorganic chemistryは難しいわよ。
と宣言していたので、始まる前はビビっておりましたが、
いざやってみると、私はO-chemの方が好きでした。

通常の化学は化学計算式やら多い中、有機は計算式がない!

ひたすら図式を書いたり、その図式に名前を付けたり
メカニズムを書いたり、ってのをやってました。

クラスも、セメスタの初めには満員だったのが、
終了時には半分以下の生徒に減っていました。

私もセメスター中、何回か悲惨な点数を取って、落ち込んだりしたけど、
あきらめずにクラス落とさないでよかった!!!

サマーはbiologyを取ります。

そして、秋は遂にanatomy..の予定なんですが、
事情があって現在ウェイティングリストで定員の空き待ち中。

まる一学期無駄にしたくないから、何が何でも解剖学のクラスに入りたい。
あぁぁぁ、ちゃんと入れますように!!!!!










今日は母の日ですね。

新米ですが、ドラちゃんの母親になれたことをとっても嬉しく思っています。

アメリカで、学歴も仕事もない私だけど、常に母親というポジションが今はある。

ドラちゃんに感謝です。



今日は朝からオットからメールで、離婚手続き状況のアップデートの催促。

もう書類はできているので、日にちが決定したら連絡します。
と伝えると、

「おかしい!
 どれだけ時間がかかるんだ。
 できるだけ早くファイルしてくれ。」

と、早く手続きを終わらせたいみたい。

そりゃ、私も同感ですけど。
あなた、何一つ書類の手伝いもお金も出さないじゃない。
全部、私がやってるんだから文句言わずに待ちなさいよ!

と言いたい気持ちを飲み込んで、okとだけ返事しました。

今度はまたオットから、5分後に「ハッピーマザーズデイ!」のテキストが届きました。

「君は母親としては、素晴らしい。
ドラは幸せだ。
君がドラと一緒にマザーズデイのディナーをしたいなら、僕が支払おう。
どこのレストランに行きたいか知らせてくれれば前もって支払っておく。」

いかにも、僕はいい夫だったとでも言いたいのか?
それとも、そんな風に受け取る私がひねくれてる?

彼、いい時はすごくいいんです。
でも、敵に回したら、厄介なタイプ。

この間、私の人生地獄に落としてやる。って言ってたことも、もう忘れてんのかなー。


オファーされたディナーはお断りしておきました。
ドラちゃんとは久しぶりに日曜日の休日を二人で過ごせてよい一日でした。

世のお母さんたち、ハッピーマザーズデイ!




来週はファイナルです。

そして、やっと今セメも終了!!!

私は今まで理系なんて絶対に無理。と思っていました。

でも今回の化学を取って、勉強すれば無理じゃない。という事に気づきました。

自分で理系は苦手、と思い込んでいたのかも。
まぁ、好きな学科ではないけれど・・・。

あと、チューターには本当にお世話になったなぁ。

クラスが終了後、毎回チューターに通っていました。

だって、先生より教え方がわかりやすいんだもん!

そんなこんなで、無事今セメも終了しそうです。

でもまだファイナルがあるので気を引き締めます。



オットはというと。
最近、非常におとなしく不気味です。

銀行の共同口座を解約されたり、マイナーなトラブルはあったものの、
最近は嫌味を言うこともなくおとなしくしてます。

先日、やっとミディエーターに持っていくproperty declerationが出来上がって、
弁護士のところに取りに行きました。

あとは、これを持ってミディエーターと話し合う日程を決めます。



ドラちゃんに関しては、最近パパが家にいないことに気が付き始めた様子です。

オットは通常週末に家に来て、ドラちゃんをピックアップして、夕方にまた送り届けてきます。
お泊りをさせる、という事をオットからは言いださないので、
私も特に何も言いません。

ドラちゃんは、外出するのが嫌なのか、
それともドラちゃんなりに何か不安なのか?
オットが来る前にいつも

「ママ、今日もパパ来たら出かけるの?」
と聞いてきます。

そうだと思うよ。

とだけ答えるのですが、今日はパパが迎えに来て
「出かけるぞー」
と言うと、私の方を見て、
「やっぱり出かけるんだぁ。」
と、なんとも神妙な顔をしたのが気になりました。


彼なりに、不安もあるんでしょうね。

ママはお家で待ってるから気をつけて行っておいで。
と安心して出かけてほしいけど、

ドラちゃんの小さい心の中にも不安がたまっているのかも。

私が子供の時は、こんな事を心配しなくてよかった。

お父さんも、お母さんも同じ家に住むことがあたりまえだった。

どちらかの親と外出することに不安を感じることもなかった。

そんな事を考えだすと、余計な思いが頭にこびりついてはなれなくなります。


帰ってきたら、ムギューーーーっとハグをいっぱいします。
































このページのトップヘ