カリフォルニアで子育て。そして、目指せRegistered Nurse!

To accomplish great things, you must not only act, but also dream. Not only plan, but also believe. - Anatole France

本棚を掃除してたら昔の日記が出てた。
5年も前の日記。

パラパラめくってみたら、

めっちゃネガティブな日記で、焦りました。

ネガティブというか・・・。
当時の元オットとの事について、人に話せない分
日記には自分の心の思いのままに
黒い感情をメラメラと書きなぐってありました!

あの当時の事を思い出すのが嫌で、
全部読まずに、捨てました。

あの時の自分を否定はしないけど、
でも黒い感情のままでは先に進めない。
そう今振り返って思います。

今でも元オットに振り回されると、

おい、おまえ。(怒)

と思うときはあるけど、
感謝もしている。


あの時の自分では、
元オットに感謝する時がくるとは夢にも思わなかったけど。
色々な感情の工程を経て、
5年という月日も手伝って、

ようやく今は前に進めたんだな。って思いました。


そして、その日記には当時から10年間の
long term goalがこまごまと書かれてましたぁ!笑

5年前の私は

2017年にLVNのナーシングに入学
2018年、卒業
2019年 LVNとしてナーシングホームで働き
2022年で LVNからRNのブリッジコースに進みRegistered Nurse習得

と考えていた模様。(そう書いてあった)

予定は少しちがいますが、
5年前の私も今現在の私も、目指すはRegistered Nurseです!








夏休みに比べたら、冬休みなんてどうってことないんだけど。

でも、でも、
すでにぐったり。

子供と一日中過ごすのって結構体力いりますよね?
幼稚園の先生って、本当にすごいと、
長期休暇に入るたび実感します。


元々、そんなに子供好きではないんだけど・・。
自分の子供とでも長期間、密着して一緒にずぅっといるのはキツイ!
やっぱり子供は健康で元気に学校に行ってるのがいいな!

特に、うちのドラちゃんは男子のせいか、

全くトンチンカンな会話が多い。
汚いばっちい言葉を言って、私が嫌がるのを見て喜んだり。
(うん○とか、そんな言葉です)
逆に、私が話しかけても都合の悪いことは聞こえないふりしたり。(怒)
今日は、朝こんな事を聞かれました。

「ママ。ママは誰と結婚するの?」

えっ?????

ムササビ「うーん。誰とも結婚する予定はないかな。」

    「ドラちゃんは、誰と結婚するの?」


ドラちゃん 「ドラちゃんは結婚なんて、しないの!」


結婚の意味分かってんのかなー。
なんでそんなこと聞くの?って言うと無視されました!
なんなんだ。
そして、その結婚話は終了。

家にいるとゲームさせろとうるさいので、これからモールに行って
私の用事に付き合わさせます!

早くドラちゃんの冬休みおわれぇ~

アメリカはまだ24日のイブですが、日本はクリスマスですね。

ドラちゃんの風邪が続き、
なんだかホリデー気分からは程遠かった私。

昨日は元オットと過ごす日だったんだけど、
久しぶりに目に涙をためて行きたくない。
と、すぐに戻ってきたドラちゃん。

体調が優れないから、仕方ないね。
お家でゆっくりしようか。

と言ったものの、
先週から風邪で学校も休み、
家にずぅ~っとドラちゃんと籠りっきりの私。
結構、きつい!

でも、今日は咳もよくなり、元オットと出かけて行きました!

出かける際に、ドラちゃんが

「ママ、お昼食べたらすぐに帰ってくるから家にいてよ!」

って宣言してましたが・・。

ゆっくりパパと遊んできていいよ!ドラちゃん!
久しぶりのセメスタ終了後の日曜日、
ママも一人でのんびりしたいよぉ~!
というのが本音だったりする。(言わないけど)

セメスタが終わったら、あれもしようこれもしよう。
と全部リストに書き出したけど、

一つもまだ実行できてないよ~

あと、色々ナーシングプログラムにかかる費用を計算してみたが、
結構かかる!

Uniform,Stethoscope,Text books, etc etc...
教科書も安くないんだよねぇ。
その他にもbackground checkで50ドルくらい払ったし、
オリエンの後にPhysical Examinationもしないといけないし・・。
なんだか新年からバタバタな感じ?

今日は夕方から教会のイブ礼拝に行こうかと考えてたんだけど、
その前にドラちゃん帰ってきそう・・。

Happy birthday, Jesus!
happy b-day jesus





このページのトップヘ