カリフォルニアで子育て。そして、目指せナーシングプログラム!

Always remember that your present situation is not your final destination. The best is yet to come.

薬学クラスも3週が終わりました。

この時点で5名ほどドロップしてた。
(テストの度、結果が張り出されるんだけどドロップした人は点数が消去されてた)

授業のスピードは速いけど、anatomyとphysiologyの暗記の量と比べると、
そこまで暗記の量は多くない気が・・・する。

けど、これからドンドン増えていくのか!?気を抜くな、私!

鈍い私は薬の働きを理解するのに、physiologyをおさらいしながらやってます。
やっぱり夏休み中フィシオの勉強やり直しておけばよかったと後悔。(遅いよ)
体の仕組みと、薬の働きが面白いです。

薬の名前が言いにくくて、
家でブツブツ呪文のように唱えてたら、ドラちゃんの方が先に覚えて
「ママ、Barbiturateって何!」
って聞かれました!




ナーシングへの申し込みも、予定通りの全ての学校へアプライ終了しました。
Pharmacologyのため通っている、今の学校のナーシングがいいなぁ。
Pharmの先生がFundamentalを教えているって言ってたし、
プログラムの評判も良い。


前に通っていたコミカレのナーシングでは、
申し込む時にまた例のおばちゃんが待ち構えてたけど、今回は
「あっ、ムササビね~。覚えてるわよ。」
とニッコリ話しかけてくれました・・・。(2度も落ちてるからね~)


全ては起こるべくして起こる。
神様に任せてどーんと待ちます!











楽しみにしていたPharmacologyが始まりました。


生徒数も60人という大きなクラスで、
スピーチの時のクラスメートが3人いました。

先生は日系アメリカ人の現役の男性ERナースでした。
ERの仕事をしつつ、
2つの学校でPharmacologyとFundamentalNursingを教えてるそうです。
タフだなー。

初日のクラスで、ふつーに授業が始まり、
チャプター1,2,3が一気に一日で終わった。
そして、毎週テスト。
夏休み中に教科書読んどいてよかった。

でも、こんなのナーシングに入ったら当たり前なんだろうな・・。

「体の中での薬の働きを理解するには、
解剖学生理学が理解できてないと苦労するよ。」

と先生が言っていた。

あ~夏休み中ぐうたらしないで、
Anatomy/Physiologyの復習やっとけばよかったね・・。

先生が時々薬の名前を言うんだけど、
全然薬自体わかんないし、薬の名前も聞き取れない。

え?なにその発音?もっかい言って欲しい・・。
ってなってる。

私の後ろに座っていた男子生徒は、先生が思いだせずに
「なんだっけ、あの薬~」
と言うたび、スラスラと薬の名前を言い当ててた。

この差はなんだろう・・。

今学期も頑張ろう!

IMAG3874


また車のタイヤがパンクした。

どらちゃん4

ドラちゃんの空手帰り、タイヤから変な音がするのに気づく。
家の駐車場で見てみると、うそぉぉーなんでー。


デカい釘がささってるー。

これでアメリカ来てから4度目です。
日本にいた時は一度もなかったのに・・。
アメリカの道にはどうして、そんな危険なものがいっぱい落ちてるんだろう・・。
それとも私の運が悪すぎ?

あとすこしで6時を回るところだったので、
大急ぎでAmerica's Tireに車を飛ばしました。

道中、ドラちゃんがショーもないことを
あーでもない、こーでもないと話していて、
車やが閉まっちゃったらどうしようとハラハラする私は

おい、少し黙ってろ。

と言いたい気持ちをぐっと飲みこんで車を走らせました。


そしたら、ぎりぎりせーふで間に合った!
やっぱり6時に閉まるところだったそう。

つい最近車のタイヤ変えたばっかなのに・・。
いくら取られるんだろう・・・。

と、ブルーな気持ちになってたら、
なんと無料で直してくれました!!
American's Tire,ありがとう!

どうして私はいつも運悪く釘なんてふんずけちゃうんだよー。
でも、直ってよかった。

明日からは薬学のクラスが始まります。
楽しみ!

このページのトップヘ